契約要項|神奈川の永代供養納骨堂 とこしえの塔

  • まだお元気な方は、俗名、生年月日が、亡くなられた方は、戒名、歿年月日、俗名、享年が、とこしえの塔横に設けられた墓誌に刻字される。 (33回忌終了まで)
  • 歿後永代過去帳に記帳され、永代にわたり保存される。
  • 歿後堂内納骨棚の上のひな壇に位牌が安置される。
    (33回忌終了まで)
  • 納骨当初は既成の骨壺安置。その後オリジナル骨壺に分骨安置。「やがて堂内六字名号角塔婆」下に散骨さ れ土に帰る。
  • 納骨後は年回忌、月命日、春秋の彼岸、お盆等にご遺族にかわり光明寺住職及びとこしえの塔」の会・光明寺檀信徒により供養される。
    (個別の精霊については33回忌まで、その後は「とこしえの塔の諸精霊」 として永代にわたり供養される)。

※ご遺族・関係者はいつでもお参りできます。
年回法要修行を施主としてご希望の場合、お申し込みをいただき、一般檀信徒と同じ条件で修行出来ます。

  • 過去の宗教・宗派不問
  • 生前からの契約・物故者の契約共に可
  • 契約後、葬儀を含め一切の法要の導師は、光明寺住職が時宗の法式に沿って勤める

※永代供養契約者は墓地継承者がおられないので檀家さんではありません。従って、契約納骨後、寄付その他一切の費用は必要ありません。

  • 永代供養料他一式 一人又は一霊 / 最大580,000円
  • 物故者契約複数の場合 一霊増えるごとに / 最大150,000円を加算

※但し、葬儀の費用は含まれません

とこしえの塔 墓誌
黒字が物故会員、赤字が生前会員
とこしえの塔堂内
オリジナル骨壷と位牌