神奈川の永代供養・納骨堂は 海向山 光明寺

神奈川の永代供養納骨堂 とこしえの塔 メイン画像
永代にわたりご供養させていただきます
今、なぜ永代供養納骨堂なのか

従来のお墓の大部分は、世主家が代々お墓を守り先祖を供養することを義務としています。
ところが近年、子供さんがおられない、生涯独身である等の理由で墓地後継者不在の方が増えています。このような場合いずれ無縁墓となってしまいます。

本来寺は、墓地後継者の有無にかかわらない供養の場であるはずです

そこで当光明寺では、平成8年に開創700年記念事業の一環として永代供養納骨堂「とこしえの塔」を建立いたしました。
変貌しつつある現代社会の家族の在り方に対応して、ご遺族にかわり光明寺住及び「とこしえの塔」の会・光明寺檀信徒が、永代にわたりご供養をさせていただく、新しい形式のお墓です。
ご本人が心から納得され契約をして、歿後の心配から解放され、仏縁をよりどころに残された人生を安心して積極的に生きて頂くための施設でもあります。

納骨後は、光明寺壇信徒が永代にわたりご供養させていただきます。
永代供養納骨堂とは
現代社会の家族のあり方や意識の変貌にお応えする形で誕生した、新しい形式の納骨・埋葬・供養のシステムです。ご本人が心から納得され、その意志によって自らが生前にご契約いただき、歿後の心配から解放され、仏縁をよりどころに、残された人生を安心して積極的に生きて頂くための施設でもあります。
そんな方々の為に
永代供養納骨堂があります。
永代供養納骨堂 神奈川県とこしえの塔にお申込みいただくと
とこしえの塔 墓誌に、俗名や戒名、命日が刻まれます。 黒字が物故会員、赤字が生前会員
納骨当初は既成の骨壷安置、その後オリジナル骨壷に分骨、やがてとこしえの塔内「六字名号角塔姿」下に散骨合葬されます。
とこしえの塔内位牌、オリジナル骨壷。いつでもご自由にお参りいただけます。
納骨後は、ご遺族にかわり、光明寺の住職および「とこしえの塔」光明寺檀信徒が永代にわたりご供養させていただきます。